薬なしで幸せになれる方法!【セクシー心理学】youtube

今回は悩み相談に答えてみたいと思います。Youtubeをご覧なっている皆様や「マンガで分かる心療内科」シリーズ読者から届いたお悩み相談の中で僕の記憶に残っているものなどについて、答えていこうと思います。

少し前に届いた相談で「幸せって何ですか?」というものがありました。

大丈夫か?って思うんですけれども、幸せってなんですか?ていう人ってたいてい、今うつ状態だったりとか、いろいろと人生見失ったり、幸せを見失っている人だと思うんですけど、やっぱり「幸せって何?」って聞いて「幸せとは○○だよ!」とすぐに答えられる人ってなかなか少ないと思うので、役に立つ話というか、「幸せって何か?」というものを心理学的に定義してみようと思います。

心理学的に、幸せとは、「行動」です。

例えばお金があるから幸せとか、恋人がいるから幸せとか、こんな地位にいるから幸せとか、そういう風に思う人も多いかもしれないんですけれども、そういうものは喜びとしては一過性なんですね。どんなにお金を得たとしても、すぐに慣れますし、地位だって、やっぱり慣れちゃうし、今度はそれを失う不安もあります。その日一日は嬉しいんですけれども、あんまり長続きしないんです。

結局のところ「何かを得たら幸せ」と考えるのはあんまりないんです。逆に言えば「何かを得たら幸せ」と考えていると、「それがない今の自分は幸せじゃないんだ」ていう風に思っちゃう、ということになるので、実はそういった幸せを考えれば考えるほど逆転的に不幸になってしまうという切ない矛盾が生じてしまうんです。

それよりも、「幸せとは行動だ」と覚えておいてください。「今日この瞬間に何かを成し遂げた」とか「友達と遊んだ」など簡単なことでもいいです。「恋人と過ごした」とか「仕事でこれを成し遂げた」「これを作った」「勉強でこれを終わらせた」のように、「今日もやったんだ」という「じわじわとした達成感」これこそが幸せイコールだと考えてください。ある意味究極の幸せなんです。

この「じわじわとした達成感」を感じられないと、人間というのは思考が不安になっていって、「今幸せじゃないのはお金がないからだ」とか「○○がないからだ」という風に外に求めていってしまうんです。幸せはそういうものではなく、行動=内なるもの、「今日この瞬間に何かをした」ということ。これにしか幸せはないっていうことを覚えておいてください。

ですので、あなた自身が「不幸だ」と感じているならば、「何かでいいからやろう!」と思って、本を読むでも、友だちにラインだでもメールするでもいいですし、もしくは、好きだと思う人に話しかけるでもいいですし、家族がいるなら家族と一緒に過ごしたり、日ごろのお礼を言ったり、ほんとに何でもいいので「今日何か行動するんだったらこれかな?」と思うものを実際にに行動に移す、ていう風なことを覚えておいてください。

もちろんその行動があなたにとって望ましいものであればなおさらいいです。例えば夢があって、「こんな仕事がしたい」とか「こんな勉強がしたい」とか夢があるんだったら「夢に向かって進む行動」だったら尚更いいですね。

でもそうじゃなくても、「今日何かするんだったらカフェに行くかな」ぐらいのライトなものでもいいので「何か行動するということ」これだけで「幸せ」につながっていくので、覚えておいてください。
ゆうきゆう
幸せとは何か?もうわかりましたか?
幸せとは何か?気になる続きはYouTubeをチェック!