アレを速くするだけで、2秒で「デキる人間」になれる!面接や就活でも使える技法!【セクシー心理学】youtube

さて、あなたは誰かの気持ちをより高めるためには、どんな話し方をしたらいいと思いますでしょうか。 実はですね、コロンビア大学の心理学者ウィリアム・アップル先生という方がいるんですけれども、 その先生によると、話す速度を、普段の話す速度の150パーセントぐらい、だいたい1.5倍ぐらいの速度で、勢いよく話すと、相手に、あ、この人すごくエネルギッシュな人だっていう印象を与えられるっていう風に言ったんですね。 ですので、例えば、何か話すときは、ちょっとね気持ち早口に喋ってみるとよろしいかなというふうに思います。

ゆっくりしゃべってると、あんまりエネルギッシュじゃないなって、思われてしまうので、とにかくスピーディーに話すと。 ただ当然ですけど、スピーディーに話しすぎても、相手は何言ってんの?みたいな感じになっちゃうんで、ちょっと気持ち早めに、いっぱいしゃべるって言う感じにしてみてください。 ただ当然ですけど、自分ばっかりしゃべっていると、相手に良い印象を与えないので、相手の話を聞く。 ちゃんと聞いた上で、返答として、なるほどそうか、でも、僕はこう思うんだけど、みたいな感じで、ちょっと気持ち早めにしゃべる。 そうすると入る単語もいっぱいになるので、相手に与えるメッセージも、より強くなる可能性は高いというふうに言われています。 とにかく、話すときは、なるべくスピーディーに。 ただ、当然ですけど、相手がね、ちゃんと聞いてくれているかっていうのを確認しながら、しゃべるようにしてください。

相手があんまり聞いてなさそうだったら、ちょっとスピードを抑えたりとか、相手の話をより聞いてみるとか、挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか。 ただベースは、早く話すということを心がけてみて頂ければと思っております。 さて、150%くらいの速度で話すことによって、相手にエネルギッシュな印象を与えられるという話でしたけれども、これがね、150%どころか1,000%いや、10,000%ぐらいのすごい速度で話を進めていった場合、相手にどういう風な印象を与えるかまぁちょっと試してみたいと思っております。

10,000%ぐらいのすごい速度! ラストのオチが気になる方はこちらの動画を!